サンウルブズでの活躍が忘れられないデレック カーペンター

NO IMAGE

サンウルブズ結成からの2年間を語るには外せない、ニュージーランド出身の人気人選手です。

 

20代前半は代表入りも期待され、ニュージーランド人として初のルーマニア国内リーグに参戦しました。

 

ニュージーランドでは職業に就きながら、シニアクラブ(ポンソンビー)と州代表(ノースランド)でプレー、ポジションは主にスタンドオフかフルバックでしたが、日本ではセンター(12番)で活躍し、13番もカバーするようになりました。

 

体格の違う大きなFW選手にもビックタックルを決める守備が好きでしたが、2017-2018年に所属していたサントリーでは出場が激減した影響もあり、サンウルブズ3年目のスコッド入りは果たせず。

 

サントリーからNECに移籍後は、日本に帰化する考えも公表しましたが、NECでも出場機会に恵まれず、わずか1年で退団。

帰国後はポンソンビー(シニア最上位チーム)に復帰。

慣れないウイングのポジションも経験し、州代表入りを目指しましたが2019年スコッド入りは叶いませんでした。

 

奥さんは、ニュージーランド代表(7人制)キャプテンを勤めたフリアナ マニュエルさんです。

 

スポンサーリンク

デレック カーペンター Derek Carpenter

出身地:ニュージーランド(ファンガレイ)
生年月日:1988年7月26日
身長:183cm
体重:95kg
ポジション:CTB

ラグビーキャリア

ニュージーランド州代表
2008 – 2013 ノースランド

クラブチーム
2011 – 2011 コンスタンツァ(ROM)スーパーリーグ
2014 – 2016 トヨタ自動車(JPN)トップリーグ
2016 – 2017 サンウルブズ(JPN)スーパーラグビー
2016 – 2018 サントリー(JPN)トップリーグ
2018 – 2018 NEC(JPN)トップリーグ

代表
2017 – 2017 日本

スポンサーリンク