あまり聞かないラグビー用語

ラグビー用語辞典

たまにラグビー中継を見ていて、解説者が発するラグビー用語をまとめました。

 

スポンサーリンク

ラグビー用語集

読んで「役立つ」かは分かりませんが、気になった用語があれば覚えてください。

間違っていたらゴメンなさい。

 

アイザックデー(ANZAC Day)

オーストラリア・ニュージーランド・クック諸島・ニウエ・サモア・トンガ の休日。

毎年4月25日、第一次世界大戦のガリポリの戦いで勇敢に戦った軍団(アイザック)の兵たちと、国の為に尽力した人々のために追悼式が行われる。

スーパーラグビーでも、4月25日の入る週の試合では、両チームの選手がピッチ上で黙祷しセレモニーが行われます。

 

インパクトプレイヤー

目立つ選手のことではありません。

主に後半残り20分くらいから出てくる、体格の大きな選手に対してインパクトプレイヤーと呼びます。

大柄な選手は80分フル出場することは難しいけど、残り少ない時間から登場して、スクラム強化やボールを持って突進するのでインパクト(衝撃)と名付けられたのでしょうか?

スポンサーリンク

ウォークライ

ウォークライとは、試合前に相手チームを威嚇し、自信を鼓舞する「伝統儀式」ですが、本来は対戦するチームに対しての敬意と尊重の表現と言われています。

(高校野球で見られるエールの交換みたいな感じでしょうか?)

ラグビー代表チームだけではなく、他のスポーツや学生チームなど多くのチームが、独自のリズムと振り付けで試合前に披露します。

国により呼び方が違います
ハカ」:ニュージーランド
シピタウ」:トンガ
シヴァタウ」:サモア
ジンビ」:フィジー

 

オーバーライド

ペナルティーなどでレフリーが笛を吹を吹き、プレーを止めます。

しかし、笛が鳴ったことに気づかず、プレーが継続され、更に別のペナルティーが発生する。

このような場合、一般的にはレフリーが笛を吹いた後のプレーは全て無効になりますが、危険度の高いプレーなどに対しては、笛を吹いた時点から後のプレーを上書きして、該当選手にペナルティーを科すことができるます。

レフリーが両キャプテンに説明するときに「オーバーライド適用」と説明します。

 

キャップ

代表キャップは代表戦に出場した試合数のこと。

トップリーグキャップやスーパーラグビーキャップは、そのリーグでの出場数となります。

クラウチ バインド セット

レフリーがスクラムを組む選手に対して、同じタイミングでスクラムが組めるように、「クラウチ → バインド → セット」と声を掛けます。

「クラウチ」は身をかがめる姿勢、「バインド」は1列の向かい合う選手同士が掴み合う、そして「セット」で互いが当たります。

グラスカッター

ハイタックルの逆「ロータックル」の反則です。

足首やスネあたりにタックルをすると、バインドをしていても危険なタックルとして反則を取られます。

タックルする姿が「草刈鎌」を使った草刈りに似ていることから、グラス(草)カッター(切る)と呼ばれています。

 

クルセイダーズ タイム

ラグビー解説者の大西将太郎さん(元日本代表)が作った造語です。

疲労から選手の動きが止まる時間帯でも、クルセイダーズの選手たちは常に「15人で守り、15人で攻撃する」タフさから生まれた言葉だと思います。

 

クルセイダーズ タイムの時間帯は?

後半の後半(後半20分過ぎ)と言っていました。

実際に、クルセイダーズは残り20分からの得点が多く、失点も少ないです。

 

サバティカル

英語訳は、
「使途に制限がない職務を離れた長期休暇のこと」

簡単に説明すると、サッカーと違ってラグビーでは、自国リーグのチーム在籍していないと、代表に選ばれない暗黙のルールがあります。

なので、長年代表の為に国内のチームでプレーしてくれた選手に対して、特別待遇(ご褒美)として海外のチームに移籍しても、再び自国に戻って来ることを条件に、代表に残れる制度として「サバティカル」が使われます。

適応されるのは主力の代表選手だけなので、代表候補に入っていない選手は自由に海外でプレーできます。

年俸の安い南半球(ニュージーランド・オーストラリア・南アフリカ)の選手が、日本や北半球のチームに「サバティカル」として移籍することはあっても、元々年俸が高い北半球の選手が南半球のチームに移籍してくることは99.9%無いです。

 

 

スコッド

最近は聞かないですが、最終メンバーに入る可能性のある選手。

一般的には、代表候補選手を招集する時などに「スコッド」の言葉が使われます。

スコッドに入った選手達は、練習やトレーニングを一緒にしながら振るいに掛けられ、最終登録メンバーが選ばれます。

ラグビーは練習中でも怪我で離脱する選手が多いため、大会ギリギリまで多くの候補選手を囲っておく必要があるのです。

ダブルモーション

トライを狙ってゴールラインに飛び込むも、届かずトライできなかったが、寝転んでボールを持った状態で手を伸ばし、もう一度トライをすることを「ワンモーション」。

それでもトライを奪えず、もう一度試みることを「ダブルモーション」と言います。

 

ワンモーションでのトライは認められますが、ダブルモーションは反則なのでトライは認められません。

(タックルされた選手がダブルモーションを犯すと、ノット・リリース・ザ・ボールの反則となります)

その他、ラインアウトやスクラムにボールを投入する時、素振り(フェイント)をして投げ直す動作もダブルモーションの反則が取られます。

ティア

ラグビーでは、世界ランキングとは別に「ティア」と呼ばれる階級制度があります。

ティア1 イングランド・スコットランド・ウェールズ・アイルランド・フランス・イタリアニュージーランド・オーストラリア・南アフリカ・アルゼンチン

ティア2 ワールドカップ出場経験のあるチーム

ティア3 ワールドカップ予選に出場し、年間を通した代表活動歴のあるチーム

 

一般的に、「ティア1」に入るチームは「ランキング上位に位置して経済力がある」と言われています。

しかし、ラグビー関係者やジーナリストの中には「ラグビー版カースト制度」と痛烈に批判する人たちも多くいます。

「ティア1」は王様、「ティア2」は奴隷とも言われる理由は?

例えば、ホーム「ティア1」、対戦相手「ティア2」で1試合が行われると、全収益は一旦ラグビー協会に入り、双方のチームに分配されますが、選手一人当たりの報酬は、「ティア1」約3,300,000円、「ティア2」約61,000円という悲惨な数字が公表されました。

これ以外にも「ティア1」には開催国報酬として、残った利益のうち約9割を受け取ることができます。

テストマッチ

世界ランキングに影響する国際試合。

選抜チームと代表チームが対戦してもキャップは与えられませんが、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ戦に限っては、代表戦と同じ扱いとなり対戦チームの出場選手に代表capが与えられます。

DG ドロップゴール

競技場のスクリーンに表示されている「DG」は、ドロップゴールと読みます。

ドロップゴールとは、地面にワンバウンドさせたボールをキックして直接ゴールポストに入れるプレーです。

得点は3点。

キックしたボールがゴールポストとは全く違う方向に飛んだ時や、空振りした時は「ノックオン」の反則を取られる場合もあります。

バイウィーク

選手の体を休めるために、リーグ全体で試合の無い週を設けたり、各チームが順番に休みを取ることをバイウィークと呼びます。

日程表に「BYE」の表記があれば、その週は「お休み」です。

バイスキャプテン

副キャプテンです。

バインドオフ

スクラム1列目の選手が、対面(相手)選手の体から手を放す行為。

コラプシング(スクラムを崩す)原因となるので、反則になります。

バックアップメンバー

試合に出場する23人とは別に5人前後の選手が、試合直前まで23人と一緒に練習します。

その5人前後の選手こそが、バックアップメンバーなのです。

試合前の練習で用具を運んだり、タックルバックを持ってタックルを受けたり、試合直前まで縁の下の力持ちとして働くだけでなく、出場する23人の中から試合開始直前でケガをしたりすると、急遽交代要員として出場(レイトスクラッチ)する事もあります。

バーバリアンズ

ラグビー発送の英国で結成された、クラブハウスやホームグラウンドを持たないラグビー世界選抜チーム。

正式名称は、バーバリアン・フットボール・クラブ(Barbarian Football Club)、直訳すると「野蛮人」です。

 

The famous Barbarian FC is steeped in history stretching bac…

メンバー構成に国籍や年齢、代表歴などは無くノンキャップ選手も必ず選ばれます。

選ばれることは、ラグビー選手としては非常に名誉なことなので、リーグ戦の真っ最中でもクラブチームを離れて、バーバリアンズに合流します。

チームを結成する目的は、戦争と人種差別を撲滅するための活動と、チャリティーマッチです。1996年6月に阪神淡路大震災の復興支援として来日し、西京極球技場と神戸総合運動場で2試合が行われました。

メンバーは毎年入れ替わります。活動期間は各年により異なりますが、テストマッチシーズンの6月~7月と11月の試合が多いです。

 

ファルコン

オーストラリアのオリジナルラグビー用語です。

頭にボールが当たった時に解説者だけでなく、観客席からも「ファルコーン」って叫ばれます。

 

由来は?

1995年までオーストラリ(ラグビーリーグ)で活躍したマリオ フェネクさんのニックネームです。
フェネクの出身地マルタを題材にした映画「マルタの鷹」の原題「The Maltese Falcon」から「ファルコン」と呼ばれるようになったらしいです。

そして事件が!

公式戦でフェネクの頭にボールが当たる映像が何度も流れ、オーストラリア版の珍プレー好プレーの企画として「ゴールデンファルコン賞」が誕生しました。

フィニッシャー

足が速くトライを獲れるる選手。

一般的にはウイングのポジションをフィニッシャーと呼ぶ人がいます。

特に、フィジー出身のバックス選手は、足が速く身体能力が高いので、海外のクラブチームは「フィニッシャーを探すなら、フィジーに行け」と言われています。

 

ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ

4年に一度、英国4地域から編成されるオールスターチームです。

英国ドリームチームとも呼ばれ、イングランド・スコットランド・ウェールズ・アイルランドの代表選手から選ばれます。

分かり易く説明すると、「アイルランド」と「イギリス」の混合代表チームです。

対戦相手は、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの代表チームと4年ごとに遠征します。

最近の試合は、2009年(南アフリカ)、2013年(オーストラリア)、2017年(ニュージーランド)、そして2021年は南アフリカに戻ります。

代表戦以外にも、その国のクラブチームや、選抜チームとも試合が行われる超過密日程。

12年に一度しか対戦機会が無いので、出場する対戦相手も非常に名誉でラグビー史にも名前が残ります。

ワールドカップに匹敵するほどの人気があり、4年間お金を貯めて、チームと一緒にツアーに出る英国人も多くいます。

名称が長いので日本では、「全英ライオンズ」や「英国ライオンズ」、頭文字を使った「B&Iライオンズ」と縮小して活字になることがあります。

 

関連記事

4年に一度、イングランド・ウェールズ・スコットランド・アイルランド代表歴のある選手を選抜し、南半球に遠征するドリームチーム。 最近の試合は、2009年(南アフリカ)、2013年(オーストラリア)、2017年(ニュー[…]

ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ

ヘルドアップ

正式名称は、ヘルド アップ インゴールと呼びます。

一番多くみられるシーンは、攻撃側の選手がトライを決めようとするときに、守備側の選手が地面とボールの間に手や足を入れグラウンディング(トライ)を防ぐプレーです。

地面にボールが着かなければトライは認められないので、ゴールライン上の攻防でよく見られます。

 

ポゼッション

ボール支配率

1試合(80分)でAチームのボールをキープしたトータル時間が20分、Bチームが60分とするとポゼッションは、Aチーム20%、Bチーム60%となります。

ポゼッションが高いとボールを維持している時間が多いので、勝っているチームと思われますが、極端に実力差がある試合では、強いチームは短い時間でトライを獲り、弱いチームは攻撃(前進)できずに自陣でボールを回したり、後退したりするのでポゼッションが上がる現象が稀に起こります。

ボムスコッド

南アフリカ代表(男子15人制)の控え選手(6人)を例える言葉で、ボムスコッド(爆弾処理部隊)と呼ばれるようになりました。

一般的なチームの控え選手は、FW5人BK3人の構成でメンバー登録しますが、南アフリカ代表はFW6人BK2人を登録する試合が多く、19番から21番に運動能力の高い大型選手3人を入れておくことで、後半により一層相手FWにプレッシャーを掛けることができます。

FW6人にすると、BKは2人しか登録できないので、特殊ポジションであるSHの控えを22番に、23番にはSH以外のポジションを全てカバーできるユーティリティー選手が入ります。

 

ミディケーション

直訳すると「代償緩和」

ラグビーでは、危険なプレーなどでTMO判断になった時に、「偶発的」に起こったプレーを考慮し、本来「レッド」のところを「イエロー」に軽減されることです。

 

メディカルジョーカー

リーグ戦の終盤やテストマッチ期間に、欧州のクラブチームで良く聞きます。

チームに複数の負傷者が出たため、シーズン途中に補強する事です。

サッカーのレンタル移籍と似ていますが、ラグビーでは選手とチームが直接交渉するケースもあり、チームに在籍していないフリー選手やセミプロ選手がチームと短期契約する事もあります。

英語で「a loan deal」と表記されるので、日本語では「ローン契約」と表現されています。

 

レイトスクラッチ

登録メンバー発表後に選手を入れ替える。

練習などで出場予定の選手が負傷すると、登録メンバーの入れ替えが認められます。

 

ワンサイド ラック

相手チームがラックに入らない状態の事。

この状態ではラックは「不成立」となるので、マイボール側はオフサイドポジションの選手を除き、自由にボールを持ち出すことができます。

AR

アシスタントレフリーの略。

両サイドのライン際でプレーを見るレフリーです。

役割:タッチ、タッチ インゴール、デッドボールライン、ゴールキック、ファウルプレー

その他、アシスタントとしての役割として、ノックオンやスローフォワード、ラインアウト時のノットストレート、オフサイドラインの監視と反則した位置の確認(リスタート地点)、反則した選手の番号チェックなど。

HIA

ヘッド インジャリー アセスメント(Head Injury Assessment)

危険なプレーとして、首や頭部に衝撃を受けた選手は、一旦退出させて試合担当医の診断を受けなければなりません。

退出した選手の代わりとして、最大10分間控え選手を一時交代として出場させることができます。

10分を超えても復帰できない場合は、負傷交代として退場となります。
(シンビンとは違って、ハーフタイム中の時間も換算されます)

TMO

テレビジョン マッチ オフィシャル(Television Match Officia)

レフリーが確認できなかったプレーや、危険な反則などをモニターを使ってリプレー検証する最終兵器です。

ラグビー日本代表ジャージ

日本代表【公式】
レプリカ ホームジャージ

伝統の赤と白を基調としたファーストジャージです。
コンセプトは「KABUTO兜」

素材:ポリエステル100%

サイズ(メンズ)
XS / S / L / XL / 3L / 4XL

Amazonで購入する

スポンサーリンク