釜石の皆さんスコット ファーディーが引退しました

スコット ファーディー Scott Fardy

最後の試合はハイネケンカップの準決勝、ラ・ロシェル(フランス)とのアウェー戦。

釜石ラグビーファンだけでなく、釜石市民にとっても忘れられない最強助っ人の一人ですね。

 

スポンサーリンク

釜石の皆さんスコット ファーディーが引退しました

試合開始日時:2021年5月2日(23時)日本時間

試合会場:スタッド マルセル デフランドル(フランス)

 

19番を着て後半72分から出場しました。

勝てば決勝まで引退はお預けだったのですが、残念ながら32対23で敗れ、現役にピリオド。

 

今期の試合を観る限り「まだまだ現役で」って思うくらいの動きをしていたのですが、4シーズンをチームの主力として活躍し続けた、もうすぐ37歳になるファーディーの体は限界に近づいていたのでしょうか?

 

引退後の去就については、「すべてが終わったらゆっくり考えたい」としていますが、金の招き猫が似合う「あの方」から、既にFWコーチのオファーを受けたとか受けていないとか・・・?

 

ペネトレーター
恐らく来年は、釜石では無い日本のチームでコーチをしていると思います。

 

トップ画像は【2022年5月】に更新しました。

 

本当にお疲れさまでした。

 

追伸

ファーディーと入れ替わりで、日本のチームに在籍した、ジェローム カイノ選手も今シーズン終了後に引退を表明しました。

 

釜石で愛されたラグビーマン:スコット ファーディー

オーストラリアの地域リーグ(ワラターズアカデミー)でのプレーが評価され、フォースのスコッド入りを果たした2008年。

しかし、試合出場までには至らず、翌年の契約延長も無し、他のチームからもオファーはありませんでした。

 

プロとしての実績がないファーディーは、25歳になる2009年に来日。

当時の釜石はトップイースト(下部リーグ)に属し、ほぼ全ての試合に出場したファーディーは本職のロックだけでなく、ブラインドサイドやNo,8もカバーした超主力選手でした。

契約期間は1年でしたが、チームから契約延長の打診を受け、その後も釜石でプレーすることを選択しました。

 

そして、

 

釜石在籍中に「東日本大震災」を経験

激震を経験。

津波被害は免れましたが、

後日談では「まるで終末のようだった」「何もかもが平らになり、なくなっていました」「大きなガス火災があって、すべてが燃え尽きていた」「信じられないほど悲惨、二度と見たくない光景だった」と語っています。

 

震災から数日が経ち、普段から食料を購入している商店も倒壊し、物資を食べながら「今の自分は間違ったことをしている」と考えたそうです。

何故そう考えたのか?

それは、震災から5日後、オーストラリア大使館がファーディーを含めた海外選手と家族を帰国させるため、迎えの車と飛行機の手配をしたと連絡が入ったそうです。

しかし、ファーディーは、

「私はここに残る」「私たちは、町を助けるために、出来る事をしたかったのです」と、ニュージーランド代表17capのピタ アラティニ選手も含めた外国人選手全員が、帰国を拒み物資運搬のボランティア活動したことは海外でも話題となりました。

釜石で被災した豪代表ファーディー、人生を変えた体験を語る
被災地で活躍する外国人
ファーディーさん「里帰り」6年半ぶりに釜石へ

日本を離れたファーディーは、2012年オーストラリアの古豪ブランビーズと契約したニュースは、釜石のファンに喜びと感動を与えました。

さらに翌年には悲願の代表入りを果たし、2015年ワールドカップ(イングランド大会)では、主力メンバーとして決勝の舞台にも立ちました。

 

 

スポンサーリンク

スコット ファーディー Scott Fardy

生年月日:1984年7月5日
出身地:オーストラリア (ニューサウスウェールズ)
身長:198cm
体重:110 kg

クラブチーム
2008 – 2008 フォース(オーストラリア)
2009 – 2012 釜石シーウェイブス(日本)
2012 – 2017 ブランビーズ(オーストラリア)
2017 – 2021 レンスター(アイルランド)

代表
3013 – 2016 オーストラリア代表

スポンサーリンク