ギネス プロ14 / Guinness PRO14

欧州ラグビー15人制ラグビーリーグ PRO14

リーグの前身は、ウェールズ・スコティッシュリーグであり、フランスやイングランドのリーグに対抗すべく2001年にアイルランドが中心となり設立された、国際プロラグビーリーグです。

 

2021年時点、日本国内では視聴できる中継はありませんが、ティア1の代表選手や南半球の元代表選手など多くのスター選手がプレーする、世界4大ラグビーリーグの1つです。

 

スポンサーリンク

国際プロラグビーリーグ プロ14(Guinness PRO14)

リーグ名称はメインスポンサーが冠となり、2021年現在は「ギネスPRO14」となります。

2001 – 2006年 ケルティックリーグ
2006 – 2011年 マグナーズリーグ
2011 – 2014年 ラボダイレクト PRO12
2014 – 2017年 ギネスPRO12
2017 – 2021年 ギネスPRO14

設立年から2006シーズンまで、メインスポンサーは無く、アイルランド、スコットランド、ウェールズからのチーム編成でした。

 

そして、2021-2022年からはリーグが大きく生まれ変わります。

噂通りであれば、南半球スーパーラグビーを脱退した古豪ライオンズやストーマーズが参戦?

リーグ名称は既に、

「ユナイテッド・ラグビー・チャンピオンシップ」と発表されています。

 

リーグ設立当時のケルティック(ケルト)とは?
古代ローマ人は、ブリテン諸島に移住したブルトン人を「未知の人=ケルト人」と、呼んでいた。(諸説あり)

2006年からの「マグナーズ」とは、アイルランドのCantrell&Cochrane(アルコールと飲料水メーカー)が扱うブランド名です。

2010年にイタリアからのチームも参加し、12チームのリーグ戦となりました。

2011年からの「ラボダイレクト」とは、オランダを拠点とした農業組合向け金融機関が提供するのオンラインサービス名です。

2017年から現在までは、アイルランドのビールメーカー「ギネス」が冠となりました。

また、同じ年にスーパーラグビーを除外された南アフリカの2チーム(キングスとチーターズ)が参戦し、計14チームが2つのカンファレンスに分かれて、リーグ戦と決勝トーナメントが行われています。

 

コロナの影響を受けた「2020 – 2021年シーズン」
チーターズは戦力不足とコロナを理由に参加を見送り、キングスは資金難による運営困難のためリーグ脱退を表明。
リーグは2チームに代わりとして、翌シーズンから南アフリカのブルズ、シャークス、ストーマーズ、ライオンズのリーグ参加を検討すると発表。

 

リーグ構成と期間

2つのカンファレンスに分かれてホームアンドアウエー方式に加え、カンファレンス対抗戦(交流戦)が行われます。

同じカンファレンスのチームとは2試合、もう一つのカンファレンスチームとは各1試合に加えて、同じ国のチームとはもう1~2試合。

コロナの影響がなかった2018-2019シーズンは、各チーム21試合のリーグ戦を行い、各カンファレンスの上位3チームが決勝トーナメントに進出します。

期間は9月初旬から翌年5月末まで行われ、テストマッチやワールドカップ期間中もリーグは中断することなく続けられる。

(リーグ全体で数回Bye Weekが設けられています)

 

Judgement Day

毎年最終戦に行われるウェールズ4チームによるダービーマッチ。

東地区(ドラゴンズ・カーディフ)と、西地区(スカーレッツ・オスプリーズ)が、毎年交互に対戦相手を変えミレニアムスタジアム(カーディフ)で、1日2試合が行われます。

 

スポンサーリンク

1872 Cup

世界最古の地区対抗戦と言われ、スコットランド(2チーム)によるダービーマッチ。

2017年までは、ホームアンドアウエーによる2試合の合計得点で優勝チームを決めていましたが、南アフリカの参入後、リーグのフォーマット改変に伴い、年間3試合を勝ち越したチームが優勝となりました。

 

下部カテゴリとの入れ替え

下部リーグが無いため入れ替え戦はありません。

経済的理由から、リーグを撤退するチームなどがあり、実質的にはリーグ維持のためにチームを集めているのが現状です。

 

外国人選手枠

公な規定としましては、その年のスコッドに所在国の代表資格を持つ選手が16人以上いること。

未代表の選手は制限数無く出場できますが、他国での代表歴がある選手は、FWとBK各1名が試合登録できます。

 

スコットランドのエディンバラは、将来有望な未代表の外国人選手を揃えるラグビー協会と連携したチームです。

注意)最新情報ではありません。

リーグの経済事情

設立当初は、参加チームを管理するラグビー協会からの出資金と、リーグの収入で運営されていましたが、2018年頃よりラグビー不景気(不人気)の影響を受け、2020年にイタリア協会の資本参入と、リーグが100%保有する株式のうち28%をベルギーの投資ファンドに売却すると発表しました。

 

イングランド(プレミアシップ)も前年に同じファンド会社に、約27%の株式を売却しています。

 

2020 – 2021年 ギネスPRO14 レインボーカップ

南アフリカの4チームがPRO14参入に先駆けた、英国とイタリアに加え南アフリカの3か国で開催される予定でしたが、渡航審査の問題等により、南アフリカのチームが入国できない可能性があるので大規模な大会は中止となりました。

 

2021年4月23日のストーマーズ vs シャークス戦を皮切りに、全6節と決勝(6月19日)が行われる予定ですが、南アフリカ勢が欧州入りする予定であった4節以降の日程は未定となったままです。

 

PRO14に参加しているチーム

(2021年4月22日時点)

地域クラブ名創設年ホームタウン収容人数
スコットランドエディンバラ1872年エディンバラ67,144人
グラスゴー・ウォリアーズ1872年グラスゴー7,351人
ウェールズドラゴンズ2003年ニューポート8,500人
オスプリーズ2003年スウォンジー20,827人
スカーレッツ2003年ラネリ14,870人
カーディフ・ブルーズ2003年カーディフ26,828人
アイルランドレンスター1879年ダブリン18,500人
51,200人
マンスター1879年リムリック25,600人
9,250人
コナート1885年ゴールウェイ8,100人
アルスター1879年ベルファスト18,196人
イタリアベネットン1932年トレヴィーゾ6,700人
ゼブレ1973年パルマ5,000人
南アフリカシャークス1996年ダーバン52,000人
ストーマーズ1996年ケープタウン55,000人
ブルズ1997年プレトリア51,762人
ライオンズ1996年ヨハネスブルグ62,567人

 

ヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップ

2020年以降、南アフリカのプロチームが参入したことにより、出場枠が改変されています。

欧州チャンピオンズカップ

以前は、ハイネケンカップと呼ばれていました。

ヨーロッパで開催されるカップ戦の中では最上位に当たる大会。

2023年時点では、前年度の上位8チームに出場資格が与えられます。

 

EPCRチャレンジカップ

以前は、ヨーロッパ チャレンジカップと呼ばれていました。

ヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップの下位に当たる大会。

欧州チャンピオンズカップの出場を逃した全てのチームに出場資格が与えられます。

 

リーグやカップ戦の開催時期はコチラをご覧ください。

スポンサーリンク