スーパーラグビー パシフィック / Super Rugby Pacific

スーパーラグビーパシフィック

スーパーラグビーは、2022年から大きく変わります。

 

アロテアロアとAUに参戦していた10チームに加え、新たに2チームがエントリーされました。

もちろん、サンウルブズの名前はありませんが・・・。

 

今まで日本チームの参戦を快く思っていない「言動」を行っていた南アフリカが撤退しましたので、今後の日本ラグビー協会の本気度を示せば、十分に復帰はあると思います。

 

スーパーラグビー パシフィックの概要をご紹介していきます。

スーパーラグビー パシフィック まとめ
  • 日本の「リーグ ワン」と同じ期間に開催されます
  • 新規参入チームは2チームに
  • 大会フォーマットはスーパーラグビーと同じです
  • 各チームの主力選手が日本の来る影響は?
  • 試合は日本でも中継されるのか?

 

 

スポンサーリンク

スーパーラグビー パシフィック / Super Rugby Pacific

開幕年となる2022年の全日程が発表されました。

オープニングマッチは、モアナ パシフィカ vs ブランビーズ戦です。

 

R10では全12チームが、オーストラリアAAMI パークで試合を行います。

ペネトレーター
今回は実験的に3日間で6試合を行います。
選手やファンに好評であれば、
2023年以降、12チームのツアーを実施する可能性があるらしいです。

 

開催期間

開幕戦:2022年2月18日

決勝戦:2022年6月18日

15週間のリーグ戦 + プレーオフ3週間

 

参加チーム

モアナ パシフィカ(オークランド)

フィジアン ドゥルア(フィジーとニューサウスウェールズ)

ブルース(オークランド)

クルセイダーズ(クライストチャーチ)

ハリケーンズ(ウェリントン)

チーフス(ハミルトン)

ハイランダーズ(ダニーデン)

ワラターズ(シドニー)

ブランビーズ(キャンベラ)

レベルズ(メルボルン)

レッズ(ブリスベン)

フォース(パース)

 

スポンサーリンク

試合形式

レギュラーシーズン

全チーム総当たり(11試合)と、ダービー要素を含む地域戦(3試合)の計14試合。

各チーム7試合のホストゲームが確保され、R7からR9の期間に1週のバイウィークが設けられています。

勝ち点は、勝4点・分2点・7点差以内の負1点

 

ゴールデンポイント方式

後半終了時点で同点の時は、前後半10分間の延長戦になり、先に得点したチームの勝利。

敗戦チームにもボーナスポイント「1」が与えられ、延長戦でも無得点の時は「引き分け」となります。

 

レッドカード

選手が退場してから20分経過すると、控え選手を出場させることができ、再び15人でプレー可能となります。

 

プレーオフ

上位8チームがノックアウト形式によるトーナメント戦。

ベスト8の組合せは、(1位vs8位)(2位vs7位)(3位vs6位)(4位vs5位)

 

新チームの紹介

フォースを除外して、トンガとサモアの2チームを加える噂もありましたが、結果は下の通り。

近い将来、単独でトンガとサモアのチームが結成されればと、期待したいです。

 

モアナ パシフィカ / Moana Pasifika

モアナ パシフィカ

本拠地:ニュージーランド(オークランド)

ホームスタジアム:マウント・スマート・スタジアム
(収容人数は常設26,500席、最大35,000席)

 

チーム誕生の理由

2020年12月5日、マオリオールブラックス対戦相手として、1試合限定で結成されたチームです。

翌年、スーパーラグビーのフォーマット改変などの理由により、一時的なリーグ参加を認めると発表がありましたが、放映権などの収益分配の合意に至り、2021年7月正式に参加が認められました。

チームは、トンガとサモアを中心にフィジーやクック諸島などの太平洋諸国出身の選手で構成されます。

 

主な契約選手

オーストラリア代表

セコペ ケプ、クリスチャン リアリーファノ

サモア代表

レイモンド レイ ニウア、ジャック ラム、ヘンリー タエフ、トマージ アロシオ、ネリア フォマイ

 

アシスタントコーチには、日本でのプレー経験もあり、サンウルブズも率いたフィロ ティアティアさんと、サンウルブズや日野で活躍したパウリア マヌさんです。

昨年NTTドコモを退団したリンカーン マックラウチは、チームの司令塔として期待されています。

 

フィジアン ドゥルア / Fijian Drua

フィジアン ドゥルア

本拠地:フィジー(オークランド)

ホームスタジアム:ANZ スタジアム
(収容人数は常設4,000席、最大15,000席)

 

チーム誕生の理由

2017年にオーストラリアで開催された、クラブ選手権に出場するため、同年8月フィジーラグビー協会により結成された、国際プロチームです。

大会結果は9チーム中3位(リーグ3勝3敗・プレーオフ1勝1敗)

 

大会終了後も、ナショナルラグビーチャンピオンシップ(NRC)に出場していましたが、コロナの影響により2020年からは対外活動がありませんでした。

 

モアナ パシフィカより一足早く、2021年4月にスーパーラグビーの参加が正式に認められています。

 

チーム編成は、フィジー出身とそのルーツを持つ選手のみ。

 

主な契約選手

カッコ内はフィジー代表数
マナサ サウロ(43cap)マス ドロコロ(10cap)ネマニ ナグサ(16cap)スルペペリ ヴラリカ(12cap)

 

現役代表選手は全員ヨーロッパのチームと契約しているので「0人」ですが、上記以外にもセブンズ代表選手が多くいます。

また、2018年から3年間ホンダでプレーした、ヘイデン カーの加入が発表されました。

ヘイデン カーはフィジーにルーツを持たない唯一の選手です。

 

ニュージランドチームはタレント不足

言うまでもなく、日本流出が止まらないのです。

SNSだけでなく、ローカル紙やスポーツサイトなどにも、チームの主力を引き抜く日本チームに対して、懸念と嘆きのような文字が見られます。

 

過去にはオタゴのローカル紙に、サンウルブズは「育成を放棄したチーム」と書かれたことがありましたが・・・。

 

余談ですが・・・、

アルゼンチン現役代表のパブロ マテーラがクルセイダーズと1シーズン契約しました。

2022年10月からはスタッド・フランセ(フランス)に復帰する予定ですが、私にとっては今年一番の驚きです。

 

果たしてテレビ中継はあるのか?

2021年12月1日現在では、「WOWOW」「J SPORTS」どちらも中継予定は無いみたいです。

アロテアロアを中継した「WOWOW」も、日本人選手の出場予定が無い来期の中継はなさそうですね?

 

「WOWOW」で中継が決まれば1月末頃に発表があると思います。

 

緊急速報

「WOWOW」での放送が決定しました!

毎節2試合は実況と解説付きで独占放送されます。

 

ありがとうWOWOWさん!

2022年以降も継続して放送してください!

 

関連記事

スーパーラグビー「南半球最高峰のラグビーリーグ」よく聞くフレーズです。 世界4大ラグビーリーグの一つで、南半球の強豪国(南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン)からクラブチームが参戦する、日本で[…]

スーパーラグビー
ラグビー日本代表ジャージ

日本代表【公式】
レプリカ ホームジャージ

伝統の赤と白を基調としたファーストジャージです。
コンセプトは「KABUTO兜」

素材:ポリエステル100%

サイズ(メンズ)
XS / S / L / XL / 3L / 4XL

Amazonで購入する

スポンサーリンク